多動性を多動力に!

発達障害ADHDの多動性を多動力に変える為に動く!何でもやる!

空気を読む、読まないのメリットとデメリット

   日本では「空気を読む」のが常識であり「空気を読まない」人は排除されさすい社会になっております。

  空気を読めば反感を買わないので正しいと思われていますが、基本物事は一長一短です。そこで今回は空気を読む、読まないのメリットとデメリットを考えてみました。

 

①空気を読むメリット

 

  • 協調性があると思われる
  • 争いごとが起きにくくなる
  • グループに馴染みやすい

 

②空気を読まないメリット

 

  • 周りに振り回されない
  • 自分の意思が強い
  • 注目されやすい

 

③空気を読むデメリット

 

  • 相手が間違っていても合わせてしまうかもしれない
  • 注目されにくくなる
  • 争いごとが苦手になる

 

④空気を読まないデメリット

  • 反感を買いやすい
  • 協調性がないと思われる
  • グループから追い出される

 

まとめ

  空気を読めば協調性があると思われ好感を得やすいのですが、注目されにくくなります。逆に空気を読まなければ周りに振り回されず注目されやすいのですが、反感を買いやすくなります。

  無難にいくのであれば空気を読み、自分の意思を貫きたいのであれば空気を読まずに行動するのが良いと思います。