多動性を多動力に!

多動性を多動力に変える為に動く!何でもやる!

発達障害啓発bar主催者みなきんぐさんに一度でいいから会ってみよう part1

 今回も取材ネタです(またかよ)行動力が非常に高い発達障害啓発bar主催者みなきんぐさんにインタビューしてみました(。^_^。)

 

 それでは、インタビューの内容を説明していきます。

 

【1.何事にも初めてはつきものですが、発達障害啓発barをやるきっかけになったことは?】

 

  みなきんぐさん:barをやる前は自助会と当事者会に参加していたのですが、発達障害の子どもとその保護者が中心で大人の当事者に関しては話題すらほとんど出てこなくて参加者自体非常に少ない現実を知りました(´・ω・`)

 

 きーさん:大人の発達障害当事者の問題解決が社会において重要なのに参加しづらいのは辛いですね…。

 

  みなきんぐさん:そうなんですよ。その後2016年4月の発達障害啓発週間に参加して様々なイベントを見て当事者である自分に出来ることはなんだろう?と思っていた時、友達のイベント1日店長がヒントになって発達障害の気軽で斬新なイベントを開催したいと思い発達障害啓発barを開催しました!

 

【2.みなきんぐさんは発達、精神障害以外の困っている方達にも活動しているのを私は何度か見て来ました。今後自分の知らない障害で困っている方達がいたら活動したいと思いますか?】

 

 みなきんぐさん:していきたいと思います。でも活動するとしたら自分が経験したもの限定で考えてます。

 

 きーさん:差し支えなければ発達、精神以外でも経験しているものを話していただきたいのですが。

 

 みなきんぐさん:いじめと場面緘黙症なら経験しているので困っている方がいたら活動したいです。特に場面緘黙症は世間に広まっていないので積極的に行いたいです(ง •̀_•́)ง

 

 このままだと非常に長くなるので続きはpart2で。

 みなきんぐさんはこんな感じの女性です。

f:id:KEYSAN:20170821192514j:image

 

アップしている画像はみなきんぐさんより許可をいただいております。