多動性を多動力に!

多動性を多動力に変える為に動く!何でもやる!

精神医学(発達障害含む)を否定する人達は良くないのか?

きーさんです。Facebookのタイムラインにたまたま精神医学(発達障害含む)に対する否定的な投稿(見知らぬ方)を見つけました。

 

その投稿を見た瞬間私は相手に対して反対の意見を書こうと思いました。

 

でも他の方のコメントを見ると否定的な方達にも発達障害を認める人達とは違う正しさがある。今回は何故正しさは人によって違うのかを書いていきます。

 

考え方は全く違うがお互い悪ではなく善である

 

精神医学(発達障害含む)を理解して欲しい人達の善は…

  1. 欠点を改善しようとして独自の努力をしたが、上手くいかなかった。
  2. 身近な人が発達障害と二次障害に苦しんだ結果、引きこもりになってしまった。
  3. 精神薬を飲み、努力をしたら克服出来た。

 

逆に精神医学(発達障害含む)を否定したい人達の善は…

  1. 周りから発達障害かもしれないと言われたが、努力したら改善出来た。
  2. 精神医学(発達障害含む)のひどい現実しか知らない。ロボトミー手術が良い例である。
  3. 身近な人が精神薬を飲み過ぎた結果、廃人になってしまった。

 

私の考えですが、上記はどちらも間違いではないと思います。お互い経験した世界によって善は変わります。その違いを互いに理解していないから対立は起きると思います

 

共通点は「悩み苦しむ人を減らしていきたい」

 

お互いに共通点はあります。それは「悩み苦しむ人を減らしていく」ことです。

 

目の前に悩み苦しむ人がいる。何とかして助けたい。その考えがあるからこそ活動を続けていけるのだと思います。

 

共通点があるなら知識を共有することでお互いにメリットがある。でも出来ない理由がある

 

お互い「悩み苦しむ人を減らしていく」という共通点がある。共通点があるなら知識を共有することでお互いにメリットがある。

 

私はこのブログを書いているときに一瞬そう思いました。ですが、人は否定が苦手です。自分にとって反対の意見は、否定だと思う人がいます。

 

もし否定が苦手でなければ、意見が違っていてもお互いの共通点を認識し、知識を共有することが出来ると思います。

 

今回のまとめ

 

・精神医学(発達障害含む)に対する考えが全く違う人達がいる。でも基本は善である。

 

・共通点は「悩み苦しむ人を減らしていく」こと。目の前にいる悩み苦しむ人を助けたいから。

 

・共通点があるなら知識を共有することでお互いにメリットがある。だが人は否定が苦手。もし否定が苦手でなければ、知識を共有することが出来ると思う。