発達障害ADHDを楽しむ!

発達障害でも人生を楽しむ!

完璧な大人はいない。だから他人の短所を許せるようになろう

きーさんです(。^_^。)

 

今回のお題は「完璧な大人はいない。だから他人の短所を許せるようになろう」です。

 

他人の短所を見つけたとき、嫌な気持ちになったことがない人はいないと思います。

 

ですが、短所が全くない人はこの世にいません。

 

今回は他人の短所を許せるようになる方法を以下に記載します。

 

1.自分の短所を許す

 

自分の短所が原因で失敗して、相手を傷つけたり迷惑をかけてしまったとしましょう。

 

そのとき「自分はなんてことをしてしまったんだ」と思うかもしれません。

 

ですが自分の短所を完全に許せるのは自分だけだと思います。

 

失敗して落ち込んだとしても「それも含めて自分なんだ」と言い聞かせると許せるようになると思います。

 

2.相手に対して否定的になる自分に気づく。気づいたらリセットする

 

相手の短所に気づいたとき…

  • 〇〇さんのここが良くない
  • 〇〇さん嫌だな

 

上記のような考えになるときがあると思います。

 

でもずっと相手に対して否定的な気持ちのままだと、相手が嫌いになってしまいます。相手が嫌いになるともう一つ厄介な点があって、思考は自分が一番影響を受けるので、自分自身も嫌な気持ちが続いてしまいます。

 

だから相手に対して否定的になっているのに気づいたら、リセットするのが良いと思います。オススメの方法は楽しいことをやって思考を変えることです。

 

3.長所は短所であり、短所は長所はである。長所に捉えるとポジティブになる

 

例えば目の前にゆっくり作業をしている人がいたとしましょう。

 

そのとき短所と考える人は「のろまだな」という捉え方をすると思います。

 

ですが長所と考える人は「丁寧なんだ」という捉え方と思います。

 

要は物事に対する捉え方は人それぞれです。短所に捉えるとネガティブになり辛くなります。でも長所に捉えるとポジティブになり楽しくなります。

 

自分の考えを分析して、良くない部分を変えてみては如何でしょうか?