発達障害ADHDを楽しむ!

発達障害でも人生を楽しむ!

12/2(土) なりたい姿を目指す!「発達障害の凸凹が活きる生き方」メゾット part2

きーさんです(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

 

part1はこちら

12/2(土) なりたい姿を目指す!「発達障害の凸凹が活きる生き方」メゾット part1 - 多動性を多動力に!

 

part2はアズ直子さんです。

 

アスペルガーですが、妻で母で社長です:アズ直子さん

 

自分の生きづらさの原因を知るまでは、辛い思いを重ねてきた。でも今は妻で母で社長のアズ直子さん。

 

会場で見たときは、明るい雰囲気で生きづらさは無いように思えました。

 

1.出来るだけ高そうな服を着て、バカにされないようにする

 

服装は様々な刺激から身体を守る為に着るので、見た目は意識しなくても良いと思うかもしれません。

 

でも人の第一印象は見た目です。メラビアンの法則によると視覚55%、聴覚38%、話の内容7%で相手を判断しています。

 

例えば、目の前にパジャマみたいな格好をしている人と、有名ブランドを着こなしている人がいた場合、多くの人が後者に話しかけると思います。

 

見た目が悪いと単純にマイナスになってしまいます。一番ベストなのは有名ブランドの服を着ることですが、お金がないと厳しいです。

 

有名ブランドではなくても良いので、見た目が良くなる服を着てみると良いでしょう。

 

2.ネガティブな言葉をポジティブに変える

 

発達障害者は、ネガティブで言葉をそのまま受け止める人が多いと思います。

 

自分にネガティブな言葉を使い続ければ、ネガティブなイメージが強くなり、自分は何も出来ない人間だと思い込んでしまいます。

 

言葉をそのまま受け止めてしまう人は、ネガティブな言葉をポジティブに変えると良いでしょう。

 

ネガティブをポジティブに変える例を3つ挙げます。

  1. ずっと駄目→今は駄目なだけ
  2. のろま→丁寧
  3. 失敗だらけ→たくさんチャレンジしている

 

3.簡単なことから一点突破

 

「良し変わろう!」と思って全てを変えようとしても、中途半端になります。そして、中途半端になってしまうと変わらずに時間だけが過ぎてしまいます。

 

まずは一つの物事に絞って簡単なことから一点突破するのがオススメです。

 

健康になりたい場合の例

  1. ジャンクフードを食べない
  2. 酒を飲まない
  3. 食べすぎない

 

家を綺麗にする場合の例

  1. 一日5分
  2. 一箇所だけ徹底的に綺麗にする

 

まとめ

  1. 出来るだけ高そうな服を着て、バカにされないようにする。安くても見た目が良ければ問題ない。メラビアンの法則を覚えれば意識出来るようになる
  2. 発達障害者は、ネガティブで言葉をそのまま受け止めてしまう人が多い。ネガティブな言葉を使い続けると、何も出来ないと思い込んでしまう。だからポジティブな言葉を使う
  3. いきなり全てを変えるのは無理なので、簡単なことから一点突破を意識する。